SMサイトあんてな | ☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。SMサイトとSMサイトをつなぐアンテナサイトです。

SMその他

☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。

☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。
http://urachuchan.blog.fc2.com/blog-entry-2819.html

配信元:『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中

「よし、いくぞ。」 美沙の動きに更なる愉悦を与えられ、町野はまた激しく美沙の顔を揺り動かした。 同時に足を大きく開いて、腰をぐんぐんと突き入れる。 町野の長大な硬直は美沙の喉元を押し拡げ喉の奥底まで幾度も貫いた。  辛うじて息をしながら、辛うじて意識の糸を保ちながら、美沙の躯は貫かれる度に歓びに震え始めていた。 真っ暗な闇の底に落ちる、躯が心を離れて落ちていく。 美沙は沼の果てない奥底で、自由に羽ばたく心を感じていた。 『先生。 先生。 先生。』 言葉にならない、言葉を超えた想いだけが意識を躯を満たしていく。 美沙の心は苦痛の果てで浮遊していた。「いくぞ。 飲め。」 町野が叫ぶ様にいった。 同時に力の限りに、美沙の躯など構わず、美沙の頭を振り立て、腰を突き入れる。 動きがふっと止まった。 限りない力で美沙の頭を自らに押し付ける。 美沙の喉で町野の硬直が脈動した。   「ううっ。」 喉の奥深くにねばっとした粘液が当たった。 町野は一声吠えると美沙を抱きしめた。 抱き締めながら自らも体をぶるぶると震わせる。 その振動が美沙を揺さぶる。『先生。先生。 これは先生の精?』 口を町野の物で塞がれ、町野に骨が折れる程抱き締められ、息苦しさに意識がふわりと抜けていく。 そのさ中に美沙は心を不思議な歓びに震わせていた。 これまで味わったことの無い歓びだった。 後から後からじわりと躯の中を感悩の波が打ち寄せた。 「飲みなさい。 僕の精だ。」 町野はそう言い放って、美沙の躯を離した。「ごぶっ、ごぶっ。」☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 
 

この記事を配信元で見る

通常記事

最近上手になったこと。
放置してました(白目)
ぱんださんを偲ぶ会締め切りました
【私信】ご注文に関するメール専用フォームよりメールをくださった方へ。
☆ 美沙の凄春その136=最終話=あたながくれた命。
☆ 美沙の凄春その135=青い精。
2017年08月縛遊会
☆ 美沙の凄春その134=紅い花びら。
夏惜しむ。
☆ 美沙の凄春その133=鞭に啼く。
☆ 美沙の凄春その132=熱い血。
☆ 美沙の凄春その131=鞭を渡す女。
☆ 美沙の凄春その130=歓びの時。
たまには、こういうの。2
☆ 美沙の凄春その129=壊し尽くす。
たまには、こういうの。
☆ 美沙の凄春その128=喰い込む指。
☆ 美沙の凄春その127=疼く蜜壺。
☆ 美沙の凄春その126=血の味。
☆ 美沙の凄春その125=啼く女。
うたた寝。
☆ 美沙の凄春その124=甘噛みされて。
夏。
ぱんださんを偲ぶ会についての詳細
☆ 美沙の凄春その123=鷲掴まれて。
☆ 美沙の凄春その122=放出。
☆ 美沙の凄春その121=浄化。
ぱんださんを偲ぶ会
2017年07縛遊会
☆ 美沙の凄春その120=灼熱。
☆ 美沙の凄春その119=吸われる舌。
ユキちゃんへ
8月20日までオアズケ その4
☆ 美沙の凄春その118=官能の火。
8月20日までオアズケ その3
☆ 美沙の凄春その117=壊されたい。
8月20日までオアズケ その2
放置し過ぎました(白目)
☆ 美沙の凄春その116=傷。
8月20日までオアズケ その1
☆ 美沙の凄春その115=頬を染めて。
☆ 美沙の凄春その114=甘美な痛み。
☆ 美沙の凄春その113=男の香り。
☆ 美沙の凄春その112=大人の遊び。
☆ 美沙の凄春その111=冷たい美少年。
変なクセ
☆ 美沙の凄春その110=デートの誘い。
☆ 美沙の凄春その109=消えた鞭痕。
☆ 美沙の凄春その108=デートの誘い。
☆ 美沙の凄春その107=涼しい瞳。