SMサイトあんてな | ☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。SMサイトとSMサイトをつなぐアンテナサイトです。

SMその他

☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。

☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。
http://urachuchan.blog.fc2.com/blog-entry-2821.html

配信元:『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中

「どうして、あんな事をした僕に抱き締められて嬉しいのか不思議だろう。 これが答えだよ。 舌を出して。」 そっと紅い唇を割って差し出された美沙の舌を町野は吸った。 美沙の舌が町野の口の中に吸い込まれていく。 これ以上は伸ばせない所まで引き出され、さらに強く吸われた。 舌がもぎ取られる様な痛みが脊髄に沿って躯の中を走っていく。 「うぐうぐっ、ぐっぐっぐっ。」  舌の根の痛みが子宮に当たって、愉悦にとなって戻ってくる様だった。 美沙の躯は痛みとも歓びともつかないものに襲われ、がくがくと震えた。 「ふっ。 判ったかな。」町野はほくそ笑み、不思議そうに見上げる美沙に話しかけた。 「君は天性のマゾヒストだと言う事だ。 今、痛い程舌を吸われて、躯が歓びに震えただろう。 抱いていても判ったよ。」 町野の言葉に町野の腕の中で美沙はいやいやをする様に躯を捩った。 「痛みを歓びに換えられるのがマゾヒストの特性だ。 喜ぶがいい。 そんな貴重な躯に生まれてきた事を。 躯だけじゃない心もだ。 綺麗な君は、多分生まれてからずっと蝶よ花よと誰からも愛され大切にされてきたろう。 だが、だからこそかな、君を汚し、恥辱にまみれさす相手を愛してしまうんだ。 きっと、君の心は大切に扱われながら、いつも不安だった。 与えられているのが本当の愛なのかどうか判らずに。 だから今も餓えていているんだ。 心の支えと言うのかな、自分を無に出来る相手を求めている。 だから、汚され、恥辱に染められてもまだ求めてくれる相手を望むんだ。 そして、与えられた恥辱その物を欲する様になる。 天性の奴隷なんだよ、君は。」『そうかも知れない。 私は、まだ本当の愛情を知らない気がする。 お父様もお母様も大切に大切にしてくれたけど、それが、本当の愛情からなのか、単に人形を可愛がっているのか不安だった。 私は、私がどうしたら私になれるのか、判らなかった。 いつも、心は何処にいればいいのか判らなかった。 でも今、先生に鞭打たれながら、口を犯されながら、苦痛の中で自由を感じた。 死ぬかと思う程の苦しみの中で羽ばたいていた。』 美沙は町野の言葉を聞きながら、反論できない自分を見つけていた。  ☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 
 

この記事を配信元で見る

通常記事

☆ 美沙の凄春その81=鞭音。
☆ 美沙の凄春その80=ゆらゆら。
☆ 美沙の凄春その79=突き上げる感悩。
☆ 美沙の凄春その78=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その77=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その76=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その75=捩れる。
☆ 美沙の凄春その74=言葉責めにも。
☆ 美沙の凄春その73=駆け寄る思い。
☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。
過去画ですけど。
☆ 美沙の凄春その71=嫉妬の業火。
☆ 美沙の凄春その70=鼓動。
☆ 美沙の凄春その69=鞭痕の痛み。
☆ 美沙の凄春その68=崩れる膝。
☆ 美沙の凄春その67=胸を濡らして。
☆ 美沙の凄春その66=溢れる想い。
2017年04月縛遊会
☆ 美沙の凄春その65=心臓が止まりそう。
☆ 美沙の凄春その64=奪われたい自由。
☆ 美沙の凄春その63=奴隷契約書。
☆ 美沙の凄春その62=自由と言う名の苦痛。
☆ 美沙の凄春その61=羞恥。
☆ 美沙の凄春その60=噂。
☆ 美沙の凄春その59=愛してください。
☆ 美沙の凄春その58=鍵をかけて。
☆ 美沙の凄春その57=哀しすぎる想像。
☆ 美沙の凄春その56=動悸が止まらない。
☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。
☆ 美沙の凄春その54=包まれて。
☆ 美沙の凄春その53=包まれて。
☆ 美沙の凄春その52=鏡に映った女。
☆ 美沙の凄春その51=抵抗できずに。
☆ 美沙の凄春その50=恥ずかしくて。
春。
☆ 美沙の凄春その49=腰が熱い。
ブックマーク
☆ 美沙の凄春その48=震える肩。
☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。
ショッピング その1
☆ 美沙の凄春その46=怨めない。
☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。
☆ 美沙の凄春その44=苦しみと歓びと。
☆ 美沙の凄春その43=奴隷の口の使われ方。
総集編が発売されたよ。
雨。
DLsite blogにお越し下さい
☆ 美沙の凄春その42=どうなってもいい。
☆ 美沙の凄春その41=溶け出して。