SMサイトあんてな | ☆ 美沙の凄春その48=震える肩。SMサイトとSMサイトをつなぐアンテナサイトです。

SMその他

☆ 美沙の凄春その48=震える肩。

☆ 美沙の凄春その48=震える肩。
http://urachuchan.blog.fc2.com/blog-entry-2822.html

配信元:『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中

「もう自分で服ぐらい脱げるね。」 美沙はこくりと頷き、もはや肌を隠すことなく体に纏わり付いていたワンピースとブラジャーを汚らわしい物でもあるかの様に脱ぎ棄てた。 町野の視線を感じてはっと両手で胸を押さえる。  「君は僕に全てを捧げた奴隷だよ。 そう言ったじゃないか。 だったら、今君が隠している肌も僕の物だ。 君が勝手に隠す事は出来ない。 そうだろう。」「だって、だって明るくて恥かしいんですもの。」 美沙は両手で胸を押さえたまま、町野の胸に躯を預ける様に倒れ込んだ。「ここが邪魔だね。 君のせっかくの綺麗な肌を汚している。 君の処女を頂く前に綺麗にしてあげよう。」 町野の掌が恥丘に生える柔毛を撫でていた。 『綺麗にって? どういう事?』  美沙が不安に怯える間に町野は美沙の躯を軽々と抱え上げ、バスルームまで運んだ。 薄桃色の大理石の敷き詰められたバスルームには金色の猫足の付いたクラシカルなバスタブが置かれている。 町野はその空のバスタブの中に美沙を座らせた。 「あぁん。」 バスタブの陶器の冷たさが鞭で打たれて発熱していた尻朶に心地よかった。 痛みがじわりと躯に染み込んできて、美沙は躯を丸めた。 「両脚を開いて、バスタブの縁に掛けて。 今、その邪魔な柔毛を綺麗にしてあげるから。」 町野も上着を脱ぎ裸になると、美沙と向き合う様にバスタブに入ってきた。 『恥ずかしくて先生を見られない。 それに私の躯を見られていると思うと、あぁ、消えてしまいたい。 お願い、灯りを消して。 そんな冷静な眼で見ないで下さい。』 美沙は両手で顔を覆った。 華奢な躯を一層小さく丸め、心なしかふるふると震わせている。「奴隷になったのに、僕の命令がまだ聞けないらしいね。 いちいち鞭で打たなきゃ何も出来ないのか。」 ☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 
 

この記事を配信元で見る

通常記事

☆ 美沙の凄春その81=鞭音。
☆ 美沙の凄春その80=ゆらゆら。
☆ 美沙の凄春その79=突き上げる感悩。
☆ 美沙の凄春その78=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その77=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その76=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その75=捩れる。
☆ 美沙の凄春その74=言葉責めにも。
☆ 美沙の凄春その73=駆け寄る思い。
☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。
過去画ですけど。
☆ 美沙の凄春その71=嫉妬の業火。
☆ 美沙の凄春その70=鼓動。
☆ 美沙の凄春その69=鞭痕の痛み。
☆ 美沙の凄春その68=崩れる膝。
☆ 美沙の凄春その67=胸を濡らして。
☆ 美沙の凄春その66=溢れる想い。
2017年04月縛遊会
☆ 美沙の凄春その65=心臓が止まりそう。
☆ 美沙の凄春その64=奪われたい自由。
☆ 美沙の凄春その63=奴隷契約書。
☆ 美沙の凄春その62=自由と言う名の苦痛。
☆ 美沙の凄春その61=羞恥。
☆ 美沙の凄春その60=噂。
☆ 美沙の凄春その59=愛してください。
☆ 美沙の凄春その58=鍵をかけて。
☆ 美沙の凄春その57=哀しすぎる想像。
☆ 美沙の凄春その56=動悸が止まらない。
☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。
☆ 美沙の凄春その54=包まれて。
☆ 美沙の凄春その53=包まれて。
☆ 美沙の凄春その52=鏡に映った女。
☆ 美沙の凄春その51=抵抗できずに。
☆ 美沙の凄春その50=恥ずかしくて。
春。
☆ 美沙の凄春その49=腰が熱い。
ブックマーク
☆ 美沙の凄春その48=震える肩。
☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。
ショッピング その1
☆ 美沙の凄春その46=怨めない。
☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。
☆ 美沙の凄春その44=苦しみと歓びと。
☆ 美沙の凄春その43=奴隷の口の使われ方。
総集編が発売されたよ。
雨。
DLsite blogにお越し下さい
☆ 美沙の凄春その42=どうなってもいい。
☆ 美沙の凄春その41=溶け出して。