SMサイトあんてな | ☆ 美沙の凄春その53=包まれて。SMサイトとSMサイトをつなぐアンテナサイトです。

SMその他

☆ 美沙の凄春その53=包まれて。

☆ 美沙の凄春その53=包まれて。
http://urachuchan.blog.fc2.com/blog-entry-2828.html

配信元:『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中

「いやぁぁぁ。」 美沙は剥き出しの秘唇のいやらしさに悲鳴を上げた。 同時に全身の血が熱く脈打つ。「君は色白だから、こうして柔毛を剃ってみると、実に初々しくて淡いピンクで綺麗だ。 僕はこう言う唇を持った子を探していたんだ。 このピンクの割れ目から紅い花弁が顔を覗かせている。 何とも淫らな光景だ。 恥ずかしそうにしながら、君はいやらしく躯を悶えさせていたんだ。 ほらこんなに糸を引く。」 町野は美沙の眼の前で美沙の蜜で濡れた指を開いた。 親指と人差し指の間につーっと透明な糸が光った。 『あぁ、それ以上、それ以上仰らないでください。 あぁ、どうして? 躯が熱い。 肌が燃えるみたい。 自分が怖い。』   美沙は瞳を閉じた。 その網膜で紅く色付いた秘唇が蠢く。 躯中がその秘唇になっていく様な感じがした。 町野が美沙を抱え上げる。 その手に触れられた肌がじんじんと燃え上がった。 「あぁぁぁぁん。」 ベッドに横たえられると、美沙は堰を切った様に啼いていた。 鞭で打たれた尻朶がベッドに擦れ、熱い痛みを発していた。 町野はそんな事は想ってもみないのだろう、夢中になって自らの手でつるつるにした秘唇に舌を差し入れていた。 町野の舌が粘膜の花弁を啜り上げる度に、美沙の秘唇はそよぎ、ほよほよとした感悩のさざ波を立てる。 それが尻朶の発する痛みと合わさり、荒波となって美沙の躯を飲み込んでいた。 『あぁ、先生。 感じてしまいます。 あぁ、気が変になりそう。 どうしたの?私の躯が私の物ではないみたい。 何処を触れられても、びくびくと躯が反応してしまう。 堪えても堪えても、声が出てしまう。 恥ずかしい。 まるで淫乱な娼婦みたい。 でも、でも、駄目。 あぁ、また、また感じてしまう。 頭の中が白くなっていく。 あっ、来た。 電気が躯を走る。 いい。 もっと、もっと触れて。 もっと、もっと先生を感じたい。 もっと、もっと包まれたい。』☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 
 

この記事を配信元で見る

通常記事

☆ 美沙の凄春その81=鞭音。
☆ 美沙の凄春その80=ゆらゆら。
☆ 美沙の凄春その79=突き上げる感悩。
☆ 美沙の凄春その78=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その77=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その76=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その75=捩れる。
☆ 美沙の凄春その74=言葉責めにも。
☆ 美沙の凄春その73=駆け寄る思い。
☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。
過去画ですけど。
☆ 美沙の凄春その71=嫉妬の業火。
☆ 美沙の凄春その70=鼓動。
☆ 美沙の凄春その69=鞭痕の痛み。
☆ 美沙の凄春その68=崩れる膝。
☆ 美沙の凄春その67=胸を濡らして。
☆ 美沙の凄春その66=溢れる想い。
2017年04月縛遊会
☆ 美沙の凄春その65=心臓が止まりそう。
☆ 美沙の凄春その64=奪われたい自由。
☆ 美沙の凄春その63=奴隷契約書。
☆ 美沙の凄春その62=自由と言う名の苦痛。
☆ 美沙の凄春その61=羞恥。
☆ 美沙の凄春その60=噂。
☆ 美沙の凄春その59=愛してください。
☆ 美沙の凄春その58=鍵をかけて。
☆ 美沙の凄春その57=哀しすぎる想像。
☆ 美沙の凄春その56=動悸が止まらない。
☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。
☆ 美沙の凄春その54=包まれて。
☆ 美沙の凄春その53=包まれて。
☆ 美沙の凄春その52=鏡に映った女。
☆ 美沙の凄春その51=抵抗できずに。
☆ 美沙の凄春その50=恥ずかしくて。
春。
☆ 美沙の凄春その49=腰が熱い。
ブックマーク
☆ 美沙の凄春その48=震える肩。
☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。
ショッピング その1
☆ 美沙の凄春その46=怨めない。
☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。
☆ 美沙の凄春その44=苦しみと歓びと。
☆ 美沙の凄春その43=奴隷の口の使われ方。
総集編が発売されたよ。
雨。
DLsite blogにお越し下さい
☆ 美沙の凄春その42=どうなってもいい。
☆ 美沙の凄春その41=溶け出して。