SMサイトあんてな | ☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。SMサイトとSMサイトをつなぐアンテナサイトです。

SMその他

☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。

☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。
http://urachuchan.blog.fc2.com/blog-entry-2830.html

配信元:『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中

「あぁぁぁぁぁぁぁっ。 あっ、ぁっ、あぁっ。 うぅぅぅぅん。 ぐわっ。」 美沙は巻き毛を振り立てて、啼き続けた。 町野が狭い肉鞘を押し開いて入ってくる度に美沙の躯は引き裂かれる痛みにのたうち、粘膜の襞を纏わり付かせたまま硬直を引く度に内臓を掴み出される苦しみに悶えた。 町野は腕の中の華奢な躯を襲う苦痛のことなどお構いなしに自らの愉悦を求めて腰を震った。 突き入れる度に体が愉悦に震え、引く度に頭の中で快楽が瞬いた。 掌に吸い付いてくる美沙の胸を揉みし抱き、町野は腰を突き動かし続けた。 『痛い。 躯がばらばらに爆ぜるみたい。 苦しい、息が出来ない。 身が裂ける。 あぁ、なのになのに、感電したみたいに躯の中を貫かれる。 もう、もう美沙は壊れそう。』 「いいぞ。 いいぞ。 いいか? いいか? いけ、いけっ。」 町野も叫んでいた。 その叫びに僅かに残った美沙の意識が反応した。 「いい。 いいっ。 いくっ、いくぅぅぅぅぅぅ。」細い首が折れそうな程に顔を振りながら、美沙は一際高く啼いた。町野の指が胸に喰い込んだ。 町野の体重が胸に掛かる。 たわわな肉が町野の指の間から食み出す。 只でさえ薄い美沙の肌が、脹らんだ風船の危うさを湛えて張り切る。 両の胸全体が躯から捥ぎ取られる苦痛の津波が全身を襲った。 その苦痛の津波さえ町野に突かれている蜜壺で愉悦に変換されて、打ち返してくる。 美沙の華奢な躯が町野を跳ね上げる程に弓反った。 「あぁぁぁぁぁぁぁん。 いっ、いっ、いくぅぅぅぅぅぅ。」 苦しい程の愉悦の津波に襲われ、美沙は躯を波打たせながら、艶啼を吹き上げる。 町野の腰を挟んだ小さな足の爪先が内側に折り込まれる。 町野の背を白魚の指が掻き毟った。 「うおぉぉぉぉ。」 町野が雄叫びを上げて、美沙の躯から離れた。 美沙の躯を膝で跨ぐと、啼き続けている紅い唇に熱い硬直を押し込んだ。「飲め。」☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 
 

この記事を配信元で見る

通常記事

最近上手になったこと。
放置してました(白目)
ぱんださんを偲ぶ会締め切りました
【私信】ご注文に関するメール専用フォームよりメールをくださった方へ。
☆ 美沙の凄春その136=最終話=あたながくれた命。
☆ 美沙の凄春その135=青い精。
2017年08月縛遊会
☆ 美沙の凄春その134=紅い花びら。
夏惜しむ。
☆ 美沙の凄春その133=鞭に啼く。
☆ 美沙の凄春その132=熱い血。
☆ 美沙の凄春その131=鞭を渡す女。
☆ 美沙の凄春その130=歓びの時。
たまには、こういうの。2
☆ 美沙の凄春その129=壊し尽くす。
たまには、こういうの。
☆ 美沙の凄春その128=喰い込む指。
☆ 美沙の凄春その127=疼く蜜壺。
☆ 美沙の凄春その126=血の味。
☆ 美沙の凄春その125=啼く女。
うたた寝。
☆ 美沙の凄春その124=甘噛みされて。
夏。
ぱんださんを偲ぶ会についての詳細
☆ 美沙の凄春その123=鷲掴まれて。
☆ 美沙の凄春その122=放出。
☆ 美沙の凄春その121=浄化。
ぱんださんを偲ぶ会
2017年07縛遊会
☆ 美沙の凄春その120=灼熱。
☆ 美沙の凄春その119=吸われる舌。
ユキちゃんへ
8月20日までオアズケ その4
☆ 美沙の凄春その118=官能の火。
8月20日までオアズケ その3
☆ 美沙の凄春その117=壊されたい。
8月20日までオアズケ その2
放置し過ぎました(白目)
☆ 美沙の凄春その116=傷。
8月20日までオアズケ その1
☆ 美沙の凄春その115=頬を染めて。
☆ 美沙の凄春その114=甘美な痛み。
☆ 美沙の凄春その113=男の香り。
☆ 美沙の凄春その112=大人の遊び。
☆ 美沙の凄春その111=冷たい美少年。
変なクセ
☆ 美沙の凄春その110=デートの誘い。
☆ 美沙の凄春その109=消えた鞭痕。
☆ 美沙の凄春その108=デートの誘い。
☆ 美沙の凄春その107=涼しい瞳。