SMサイトあんてな | ☆ 美沙の凄春その60=噂。SMサイトとSMサイトをつなぐアンテナサイトです。

SMその他

☆ 美沙の凄春その60=噂。

☆ 美沙の凄春その60=噂。
http://urachuchan.blog.fc2.com/blog-entry-2835.html

配信元:『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中

 町野の言葉を待つ間、美沙は恐れと不安に苛まされた。 そこから逃れられるためなら恥など忍べる様な気がした。 それ程、町野の感情に心を沿わせようと言う思いが強かった。 好きな人を怒らせることが何よりも怖かった。 その怒りの理由がいかに常識外れで、いかに理不尽なものかと言う非難は、何故か、美沙の心には浮かんでこなかった。 浮かばせたら、きっと町野は怒りだし、全てが壊れると意識の外で知り、それを一番恐れていたからかも知れない。  「僕の言っている事は判るね。 単純な事だ。 僕は君が好きだから君の全てが欲しい。 そして、君は全てを僕にくれると言った。 だから、それを形として現して欲しい。 そう言う事だ。 形には心が現れるし、また心は形によって正される。 いつも言っている事だ。 さあ、判ったら立って、早く裸になりなさい。」 静かだが、有無を考えさせない威圧感が籠もった言い方だった。 白いカーディガンを脱ぎ、その下の小さな花が咲き誇ったブラウスのボタンに指を掛けた。 窓を通して夕陽に焦げる中庭が眼に入った。 美沙は、ボタンに指を掛けたまま、動けなくなった。「どうしたんだ? 立ったまま固まって。 早くしなさい。」「だって、窓の外から見えてしまいます。」『そう。 人に見られたらお困りになるのは先生の方。 とんでもない噂になってしまう。 きっと、先生も判って頂ける筈。 きっと。』 美沙は町野の言葉を待った。 おずおずと町野の表情を窺った。「見えたらなんだ。 恥ずかしいか。 恥ずかしいぐらいで、僕の命令を聞けないのか。 それじゃあ、全く僕の所有物になった事にならないじゃないか。 要するに嫌だからしないと言う事なんだろう。 どんな時でも僕の思いのままにならなかったら全てを所有したとはとても言えない。 やはり君の言葉は嘘だったんだね。」 町野は語気強く言った。 夕陽を浴びて朱く見えるその顔は冷たく怒っているように見えた。 次に何を言い出すか、何をするか、判らない怖さを美沙は感じた。 「嘘なんかありません。 私は先生に全てを捧げます。 でも、でも、こんな所で私が裸でいるのを見られたりしたら、先生がお困りになるのでは・・・?」☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 
 

この記事を配信元で見る

通常記事

☆ 美沙の凄春その81=鞭音。
☆ 美沙の凄春その80=ゆらゆら。
☆ 美沙の凄春その79=突き上げる感悩。
☆ 美沙の凄春その78=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その77=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その76=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その75=捩れる。
☆ 美沙の凄春その74=言葉責めにも。
☆ 美沙の凄春その73=駆け寄る思い。
☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。
過去画ですけど。
☆ 美沙の凄春その71=嫉妬の業火。
☆ 美沙の凄春その70=鼓動。
☆ 美沙の凄春その69=鞭痕の痛み。
☆ 美沙の凄春その68=崩れる膝。
☆ 美沙の凄春その67=胸を濡らして。
☆ 美沙の凄春その66=溢れる想い。
2017年04月縛遊会
☆ 美沙の凄春その65=心臓が止まりそう。
☆ 美沙の凄春その64=奪われたい自由。
☆ 美沙の凄春その63=奴隷契約書。
☆ 美沙の凄春その62=自由と言う名の苦痛。
☆ 美沙の凄春その61=羞恥。
☆ 美沙の凄春その60=噂。
☆ 美沙の凄春その59=愛してください。
☆ 美沙の凄春その58=鍵をかけて。
☆ 美沙の凄春その57=哀しすぎる想像。
☆ 美沙の凄春その56=動悸が止まらない。
☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。
☆ 美沙の凄春その54=包まれて。
☆ 美沙の凄春その53=包まれて。
☆ 美沙の凄春その52=鏡に映った女。
☆ 美沙の凄春その51=抵抗できずに。
☆ 美沙の凄春その50=恥ずかしくて。
春。
☆ 美沙の凄春その49=腰が熱い。
ブックマーク
☆ 美沙の凄春その48=震える肩。
☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。
ショッピング その1
☆ 美沙の凄春その46=怨めない。
☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。
☆ 美沙の凄春その44=苦しみと歓びと。
☆ 美沙の凄春その43=奴隷の口の使われ方。
総集編が発売されたよ。
雨。
DLsite blogにお越し下さい
☆ 美沙の凄春その42=どうなってもいい。
☆ 美沙の凄春その41=溶け出して。