SMサイトあんてな | ☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。SMサイトとSMサイトをつなぐアンテナサイトです。

SMその他

☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。

☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。
http://urachuchan.blog.fc2.com/blog-entry-2847.html

配信元:『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中

『きっと、先生も魅せられて・・・。 野沢さんとは何時からそういう関係を? あぁ、いや。 そんな事考えるなんて。 自分が嫌になる。 野沢さんは野沢さん。 他に誰と先生が付き合われようとどんな事をされようと、私には関係なんて無いのに。 私は先生が望まれる時に抱いてもらえればそれで幸せ。 今日も、もうすぐ先生に・・・。』 美沙は暗い想いを振り払うように肩に掛かる巻き毛を振った。 現実に戻った美沙の正面のガラスに自分が映っていた。 その顔は少し蒼ざめて見えた。   フルートのバッグの他にお泊まりセットを入れた白いグローブ&トロッターの大きめのキャリングケースを引き摺って、日本の凹凸の激しい歩道を歩く気にはなれず、タクシーに乗る積りで少し離れた品川で降りた。 「着きましたよ。 凄いレストランですね。 俺なんかでは一生関係なさそうだ。」 運転手は若い小娘がこんな店で、と言うあからさまに皮肉な態度を見せた。 端正に刈り込まれた洋風の庭園がよそよそしかった。 「お荷物をお預かりします。」 見事な態度のドアマンがグローブ&トロッターを美沙からさっと奪った。「町野様はお部屋にいらっしゃいます。 今、ご案内いたします。」 タキシードが身に付いたメートルドテルが大きな鉄のドアを開けながら会釈した。『どうして? 待ち合わせの時間にはまだ三十分近くも余裕があるのに。 先生が私より早くいらっしゃるなんて。 いつもと違って小さなオーベルジュだし、何か・・・。』 美沙は妙な胸騒ぎを感じた。  不安げに美沙は返事をして、メートルドテルに付いて玄関をくぐった。 オーク材を多用した設えがレストランと言うより、瀟洒なホテルを思わせた。 ドアマンは正面の堂々としたチューダー様式を階段を昇っていく。 それに付いていく美沙のヒールがカツカツと高い音を立てた。 「どうぞこちらでございます。」 メートルドテルが重々しいオークの一枚板のドアを開けた。 「先生。」☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 
 

この記事を配信元で見る

通常記事

☆ 美沙の凄春その81=鞭音。
☆ 美沙の凄春その80=ゆらゆら。
☆ 美沙の凄春その79=突き上げる感悩。
☆ 美沙の凄春その78=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その77=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その76=身も心も奴隷に。
☆ 美沙の凄春その75=捩れる。
☆ 美沙の凄春その74=言葉責めにも。
☆ 美沙の凄春その73=駆け寄る思い。
☆ 美沙の凄春その72=現実が恐ろしくて。
過去画ですけど。
☆ 美沙の凄春その71=嫉妬の業火。
☆ 美沙の凄春その70=鼓動。
☆ 美沙の凄春その69=鞭痕の痛み。
☆ 美沙の凄春その68=崩れる膝。
☆ 美沙の凄春その67=胸を濡らして。
☆ 美沙の凄春その66=溢れる想い。
2017年04月縛遊会
☆ 美沙の凄春その65=心臓が止まりそう。
☆ 美沙の凄春その64=奪われたい自由。
☆ 美沙の凄春その63=奴隷契約書。
☆ 美沙の凄春その62=自由と言う名の苦痛。
☆ 美沙の凄春その61=羞恥。
☆ 美沙の凄春その60=噂。
☆ 美沙の凄春その59=愛してください。
☆ 美沙の凄春その58=鍵をかけて。
☆ 美沙の凄春その57=哀しすぎる想像。
☆ 美沙の凄春その56=動悸が止まらない。
☆ 美沙の凄春その55=壊れそう。
☆ 美沙の凄春その54=包まれて。
☆ 美沙の凄春その53=包まれて。
☆ 美沙の凄春その52=鏡に映った女。
☆ 美沙の凄春その51=抵抗できずに。
☆ 美沙の凄春その50=恥ずかしくて。
春。
☆ 美沙の凄春その49=腰が熱い。
ブックマーク
☆ 美沙の凄春その48=震える肩。
☆ 美沙の凄春その47=苦痛の中の自由。
ショッピング その1
☆ 美沙の凄春その46=怨めない。
☆ 美沙の凄春その45=不思議な歓び。
☆ 美沙の凄春その44=苦しみと歓びと。
☆ 美沙の凄春その43=奴隷の口の使われ方。
総集編が発売されたよ。
雨。
DLsite blogにお越し下さい
☆ 美沙の凄春その42=どうなってもいい。
☆ 美沙の凄春その41=溶け出して。